前へ
次へ

教育の際は成功談を伝えるようにする

会社で働いていると新入社員に教育をする立場にならなくてはならない場合があります。この場合は事前に研修などを受けるので安心できる場合もありますが、全く研修などを受けずに新入社員に教育をしなくてはならないケースもあります。この状況になってしまうと準備をすれば良いのか分からずに、会社の期待に応えることができず、落ち込んでしまう人もいます。そうならないためにある程度の知識を蓄えておくようにしましょう。まずは新入社員のやる気をしっかりと引き出すところから始めなくてはなりません。もちろんメリットを伝えるのも重要になってきますが、それだけではなく成功するイメージをしっかりと伝えるようにしましょう。ある程度1つの会社に入ると、失敗をしたり成功したりします。新入社員に何かを伝えたいと感じると失敗談を伝えてしまうケースがありますが、失敗した話を聞かされてしまうと、非常にナイーブな気持ちになってしまいますし、これから先自分がしっかりと仕事をしていくことができるのかと考えさせてしまいます。成功談を伝えることによって、自分も成功するとどんなメリットを受けることができるのか、またどんな気持ちで次の仕事に向かうことができるのかなどを考えてもらえるので、仕事に対するモチベーションを高く持ってもらえます。自分にあまり成功談がない場合は、伝えることができないイメージを持ってしまいますが、小さな事でも良いので伝えることによって新入社員に理解をしてもらうことができます。なるべく大きな話をしたいと考えている場合は、自分の同期などに話を聞いてみると良いかもしれません。同期の話をするのは、多少抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、自分と同じ年数働いていて、非常に高い功績を残している人の話をすることによって、新入社員の人たちは他の新入社員の人に負けないように仕事をしようと考えてくれます。失敗談ではなく成功談をしっかりと伝えると言う部分を覚えておくようにしましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top